木の飾り

クレジットカード

クレジットカードには一体どういった種類があるのでしょう。様々なクレジットカードについて配信しているので、関心のある方にイチオシのウェブサイトです。

木の飾り

Edyカードとクレジットカード

クレジットカード

クレジットカードとEdyカードとはどのようなものなのでしょうか。
電子マネーであるEdyとは、楽天Edy株式会社から発行されているものだそうです。
非接触ICチップの技術を、カードまたは携帯電話に利用しているものです。
国内で最も大きい規模の累積発行枚数になっているのが、この電子マネーです。
Edyには様々な形のものがありますが、最もよく使われているものがカード型です。
社員証や学生証、クレジットカードやキャッシュカード、会員証にEdyがついたものがあります。
モバイル型はNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム各社のおサイフケータイとして、専用アプリをダウンロードして使用します。
変化形のものとしては、リストバンド型やストラップ型のEdyもあるようです。
クレジットカード一体型は、たくさんのところから出されているタイプで、Edy機能がクレジットカードに付帯されているものだそうです。
財布の中を、1枚のカードでさまざまな役目を果たすことができればすっきりとさせることが可能です。
コンビニでの買い物をクレジットカード決済ですることには抵抗があるという人でも、Edy機能付きのクレジットカードなら、専用読み取り機にかざすだけで買い物が可能になります。
現金の受け渡しの手間もかからず、レジでの処理が短時間で済みます。
クレジットカードがなくてもEdyを利用するとポイントがつくため、頻繁にコンビニ行くという人は、現金で支払うよりもEdyを使った方がポイントが貯めやすいのでおすすめです。

Edyをクレジットカードでチャージする

クレジットカード

実際にEdyをチャージするときにクレジットカードですることが可能だそうです。
プリペイド型の電子マネーであるEdyは、あらかじめお金を入れておかなければ使用することができません。
チャージというのはEdyに入金することを意味しており、50,000円が1つのEdyにチャージできる金額の上限です。
店頭にある入金機やPOSレジで現金をチャージする方法や、店員に申し出てレジでチャージをしてもらう方法などがあります。
クレジットカードの情報を登録することで、クレジットカードからのEdyチャージも可能です。
かつては、クレジットカードでチャージをするとチャージ分のポイントがクレジットカードに入りました。
ポイントを二重で摂ることが、Edyを使ったときのポイントと合わせてできたので、とてもメリットがありました。
チャージ時にはポイントがつかないクレジットカードも近頃は増えているようで、今までのようなメリットは無いようです。
現在でもEdyにチャージすることでポイントがプラスされるものもクレジットカードによっては存在するそうです。
Edyへのチャージでクレジットカード会社が利益を得ることはないので、今後もクレジットカードでチャージをする時にポイントがつくカードは減っていくと考えられています。
Edyチャージへのポイントが無くなっても、そのことに気づかずにクレジットカードでのチャージを続けている人も意外と多いようです。
Edyを利用するなら、クレジットカードでのチャージのことなどしっかり機能を理解して上手に活用していただきたいものです。

Edyのクレジット一体型カードの注意点

クレジットカードとEdy機能が一緒になっているものは役立つものですが、留意点もあるようです。
使った金額を把握するのが難しいということをよく耳にします。
Edy以外の電子マネーを他にも使っている場合にはとくに、もっとややこしくなってしまうでしょう。
どのカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円で、という情報が錯綜するためです。
うっかり使いすぎてしまうという人もいます。
また、Edy一体型クレジットカードは紛失時に不便です。
便利なものですので、無くしてしまうと生命線を失うに等しい事態になってしまいます。
カードの管理には、また発行してもらう手続きも面倒ですので、要注意だといえるでしょう。
クレジットカードの解約ですが、Edyクレジット一体型は、Edyの電子マネーを全部利用してしまった後でないと不可能だそうです。
何も考えずにカードを裁断してクレジットカードの利用期間が過ぎていたため捨ててしまったとします。
カードにチャージしていたEdyの電子マネーが丸ごと紛失してしまいます。
カードは一体化していますが、クレジットカードと電子マネーの機能は別々です。
一体型であっても、クレジットカードはクレジットカードとして、EdyはEdyとして扱わなければいけないわけです。

電気料金のクレジットカード払い

電気料金や水道料金などの料金をクレジットで支払える自治体は増加しており、利用している人も大勢います。
ポイントサービスが付帯しているクレジットカードで公共料金の支払いをしていると、ポイントがどんどん入ります。
電気料金によっては、口座振替をすると月々50円安くなったりします。
5000円以上の電気料金を利用するのであればお得になるカードもあるのでクレジットカード払いがおすすめです。
電力会社に電話をして、今後はクレジットカードで払いたいと希望を出すことで、クレジット払いへの手続きができます。
専用の用紙が送られてくるため、住所、氏名、カードの番号などの所定の事項を書いて送ります。
これまでと同様に指定の口座からお金が引かれるだけで、ポイントが入ります。
支払いをクレジットにした方が、得になるでしょう。
クレジットカード払いにできるのは、申し込み用紙を送ってから1、2カ月後です。
手続きができているかは確認しておけば安心です。
だいたい日本全国どこの電力会社でも同じです。
クレジットカードの会社は幾つかありますが、大手であれば電気料金の支払い手続きに支障があることはないようです。
月々の電気料金の支払いにクレジットカードを使うことで、様々なメリットがあるといえます。

電気料金をクレジット払いにするメリット

最近は、クレジットカードを使って電気料金の払いこみをしている人が少なくないようですが、一体なぜでしょう。
カード会社によって内容は異なりますが、クレジットカードにはポイントサービスなどの色々なサービスがあります。
ガスや水道などの公共料金や、電気料金、ネット料金など、生活をしていると月々必ず発生する出費があります。
これらをクレジット払いにするだけでたくさんのポイントを獲得することができます。
月々の家計を正確にチェックすには、クレジットカードで電気料金などを支払っておくと後々が楽になります。
毎月カードの精算をしなければいけないときに、まとめて公共料金の支払いも扱えます。
クレジットカードの引き落とし日までに残高が足りていればいいわけです。
家計簿をつけていない人でも、電気料金の引き落とし履歴をチェックすれば、出費を把握できるでしょう。
ネット環境があれば、電気料金の払いこみをクレジットカードにすること自体はすぐにできます。
東京電力は独自のクレジットカードを発行しており、カードで電気料金を支払うとポイントが2倍になるというお得なカードもあります。
毎日必ず電気を使っている私達の生活の中では、月ごとの請求を受けるたびにポイントがたまります。
クレジットカードを使って電気料金などの公共料金を支払うようにしてください。

電気料金のクレジット払いでの注意点

この頃は、電気料金などをクレジットカードで払うことが一般的です。
クレジットカードへの手続きは難しくないですし、クレジットのポイントは勝手い入って嬉しいことばかりですが、注意点は何でしょうか。
クレジットカードの利用限度額をオーバーしないかを、支払い時には注意する必要があります。
クレジットカードで大きな買い物をしてしまい、限度額のせいで電気料金の支払いができなくなってしまうことがあるのです。
問題なく電気料金の支払いができるように、クレジットカードの限度額を最初に調べておくことが重要になります。
手数料を払わなければ、電気料金の支払いができないというクレジットカードもあります。
クレジットカードのポイントよりも、手数料の方が高額になる場合は、クレジットを使わないほうがお得です。
月々の電気料金が大体いくらくらいかを踏まえた上で、支払い手数料とポイントの入り方を調べておくことが重要になります。
クレジットカードを扱う上でつきまとうのが、盗難や紛失といったトラブルです。
カード会社にすぐ利用停止の措置をしてもらうのですが、そうすると電気料金の支払いもできなくなってしまいます。
ひとつひとつの手続きを大変だと思う人もいます。
人の手に渡ったり、暗証番号が漏れることがないよう、電気料金のクレジット払いでは用心することです。

木の飾り

サイトメニュー

木の飾り
Copyright (c) 2018 クレジットカードなんてどれを選んでも同じなんて思っていませんか? All rights reserved.
木の飾り