木の飾り

クレジットカード

クレジットカードというのは、わかっているように見えて、思いの外知らないことが多くあるものです。意外と知らなかったクレジットカードについての情報を説明します。

木の飾り

年金をクレジットカードで支払う

クレジットカード

国民年金をクレジットカードで支払うことができるのをご存じでしょうか。
2008年から国民年金のクレジットカード払いが可能になりました。
クレジットカードで支払われる場合、徴収する側に2%ほどの手数料が発生してしまいます。
国税など国の歳入には利用できなかったのですが、国民年金の不払いを防止するという名目でクレジットカード払いを導入しました。
クレジットカードであればどのカードでも利用でき、手続きをすれば0.5%ほどお安くなります。
毎月払いではなく年払いにするとさらに割引になります。
一番お得なのがクレジットカードによる1年の一括払いです。
銀行口座からの引き落としよりも、かなり得をするので国民年金の支払いはクレジットカードで行うのがおすすめです。
クレジットカードで年金を支払いたい人は、まず申し込み用紙に記入して申請します。
「国民年金保険料クレジットカード納付申出書」というものが社会保険事務所にありますので、これに記入して提出します。
電話をすれば書類を郵送で送ってもらうことができます。
なお、現在時点で請求がすでにきているものであったり、未払いの値金保険料については、クレジットカードで支払うことはできません。
クレジットカードを上手に利用してお得に年金の支払いをしましょう。

年金のクレジットカード払いのメリット

クレジットカード

国民年金をクレジットカード払いにしている人が増加していますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
クレジットカードで年金を支払うと、クレジットカードのポイントが貯まります。
いま自分が利用中のクレジットカードがポイント制であるような時には、クレジットカードを利用した支払いを考えてみてもいいでしょう。
とくにポイントの還元率が高いクレジットカードの場合はおすすめです。
クレジットカードには利用者の信用度というものがありますが、これは利用額が多いほど高くなります。
国民年金を支払えばその分クレジットカードの利用額が増え、信用が増していくということになります。
クレジットカードのランクをアップさせたい人や、利用限度額を上げようと思っている人は、できるだけ国民年金をクレジットカード払いにしたほうが良いでしょう。
クレジットカードによっては年間に一定の金額を利用することによって年会費が無料になる場合や、ポイントがプラスされるケースもあります。
国民年金保険料はまいつき徴収されますし結構な額になりますから、クレジットカードの利用金額を上げるには向いています。
銀行引き落としや振り込みと違って、年金をクレジットカードで支払う場合には払い忘れがなくなるのもメリットです。
クレジットカード会社が納付日に立て替え払いしてくれるので、納め忘れは生じないわけです。
後からクレジット会社にしっかり支払いをすれば国民年金の払い忘れを回避することができるでしょう。

年金をクレジットカードで支払う時のデメリットについて

クレジットカードで国民年金の支払いをするのはとても便利でお得なのですが、デメリットがないわけではありません。
クレジットカードで支払えばカードのポイントがたまりお得だと考える人も多いでしょう。
国民年金の支払いを銀行からの引き落としにしても割引になる制度があります。
口座振替による早割制度があるのですが、クレジットカードで支払う場合には適用されません。
クレジットカードにも半年に一度や一年分まとめて納付する方法はあるのですが、銀行口座からの振替の場合の割引額とは違います。
口座振替の方が、基本的に割引額が高いようです。
割引額と貯まるポイントのメリットのどちらがお得になるのか、よく検討することが大切です。
クレジットカードの利用限度額が低く、他の買い物の利用限度額まで余裕がないと国民年金の支払いができない場合があります。
日頃からクレジットカードの利用限度額を頭に入れて、国民年金の支払い分の枠を残すように注意しましょう。
他にも、クレジットカード特有の問題が関わってきます。
例えば解約をした場合や、なくしたり盗まれたりしたためにクレジットカードの番号が変わったり、といったことです。
クレジットカードの変更の手続きをしなければならないのが面倒だというのもデメリットです。
通常の買い物であればリボ払いや分割払いといった支払いができるわけですが、国民年金をクレジットカード払いする際にはそういった支払い方はできません。
年金をクレジットカード払いにする場合には、メリットもデメリットも検討してから決めるようにしましょう。

クレジットカードとキャシングを比較する

クレジットカードを持っている人が最近増えていますが、クレジットカードとキャッシングの違いは一体何でしょう。
小銭や、大金を持ち歩かずとも、クレジットカードがあれば、買い物をする時に購入の手続きをすることができるので、気軽に買い物ができます。
クレジットカードとしてだけでなく、キャッシングカードとしても使えるカードが多くなっています。
キャッシングというのは消費者金融、信販会社、クレジット会社から現金を借りることです。
クレジットカードと、キャッシングとを比べると、細かな点で違う部分があることが判明します。
キャッシングはお金を借りることですし、クレジットは商品の支払いを代行してもらうことです。
クレジット会社にしろ、キャッシング会社にしろ、カードをつくりますが、カードでできることには差があります。
クレジットカードは、キャッシング目的にも使えることがありますが、基本的には決済時に使うものであり、ポイント特典や、割引サービスなどかつくこともあります。
クレジットカード会社によって様々な特典サービスがついていたり、他の活用方法があるなど、クレジットカードは多機能です。
キャッシングに使えるクレジットカードも多いですが、金利はやや高めですし、限度額も低く、普段から常用するのは難しいものです。
キャッシング会社では主にキャッシング機能のみがついたカードを発行しています。
近年では銀行系のキャッシンクカードも多くなっており、クレジットカードの種類よりも多いことがあるようです。
クレジットカードとキャッシングカード、それぞれがどんな機能を持っているかをしった上で使いましょう。

キャッシングの比較ポイント

最初にキャッシングを利用する時は、どの会社からお金を借りようか迷ってしまいます。
様々なキャッシング会社を比較するには、どんな視点で選べばいいものなのでしょうか。
重要なことは、自分がどんなキャッシングをしたいかです。
最低限の条件を始めに決めておくと、効率的な比較ができるようになります。
借り入れから返済までの状況を順次考えながら、じっくり考えてキャッシング会社を選択することです。
キャッシングを申し込む場合にはまず金利に目が行くのではないでしょうか。
様々な金融会社が、自社の金利の低さを全面的に押し出しています。
しかし、最低金利がとても低く見えても、申込みをした人全員がその金利で融資を受けられるとは限らず、場合によっては金利は変動します。
金融会社について調べる時には、どのくらいのお金を、いつまで借り入れるつもりでいるのかを、はっきりさせておくことです。
この頃話題のキャッシングサービスに、金利が0というものがあります。
金利0%での融資は、特定の条件を満たした時にだけ使えるサービスである場合もありますので、調べる必要があります。
キャッシング無利息の期間がどのタイミングで1日の計算されるのか、金額がいくらまで無利息になるのかなどを比較してから無利息キャッシングを選んだ方が良いでしょう。
審査の厳しさや審査終了までの期間、返済方法はどのように行うかも大事な点です。
キャッシングを確認する時には、色々な条件を比較した上で、納得のいくものを選ぶようにしましょう。

木の飾り

サイトメニュー

木の飾り
Copyright (c) 2018 クレジットカードなんてどれを選んでも同じなんて思っていませんか? All rights reserved.
木の飾り